16日 6月 2018
職場での不条理な出来事や抱えている持病、使命感による人間関係の戦いや自分を守る選択など、本日も多岐に渡りたくさんの宿題が披露されました。 すべてに共通することは、幸せに向かうための宿題なのだと思います。 今日は、6月に入って初めてのまちの保健室だったので、6月に関係がある「ぐうたら感謝の日」のお話をしました。...
23日 5月 2018
サラリーマンの定年退職後の夢として、田舎暮らしをすることが多いのではないでしょうか? 定年退職後に過ごす第二の人生の選択肢として、テレビ番組でも見る機会が多々あるように思います。 さて、あなたのパートナーが第二の人生の夢を語ってくれたとき、「頼もしいな」と思えますか?それとも「捨てられる」と思いますか?...
09日 5月 2018
自助グループとは、同じ問題を抱える者どうしが集まって意見を交換し、互いに援助しあう集団と辞書に出ています。(大辞林) まちの保健室は、問題を抱える者どうしが集まって意見交換し、互いに感想をシェア(共有)する集まりと、辞書には出ていませんが、このような解釈ができると思います。...
24日 4月 2018
結婚してからのほうが人間関係について学ぶことが沢山あるように感じます。 夫婦喧嘩をするたびに「もうムリ!」「この関係を続けていくのは辛い」と思うことは一度や二度はあるものです。 相手がイライラしていると、こちらもつられてイライラして、負のスパイラルにハマリます。 落ち着いてなんかいられません。...
11日 4月 2018
今日のまちの保健室では、福祉の支援や職場環境の改善などのお話がありました。 『花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ。』 相田みつを この時期から6月まで私は新入社員研修のシーズンです。その際に、先にお伝えした相田みつをさんの言葉をお借りしています。...
28日 3月 2018
子どもが不登校だ… 大病を患ってしまった… 自分の将来が不安だ… 例えばこのような不安を抱えていて、相談した相手に「なんとかなるでしょう」といわれたあなたは、「いい加減な印象」を持つのではないでしょうか。 全く、理解してもらえていない、わかってもらえてないと感じますよね。...
14日 3月 2018
人生、生きていれば必ず失敗や挫折に出くわすと思います。 “失敗したくない” “挫折なんて味わいたくない” 誰しもがそう思い、いかにしてそれを避けるかを考えて日々行動しているかもしれません。 それでも、やはり失敗は避けられなかったりするものです。...
01日 3月 2018
今日のまちの保健室で私が気になったキーワードは、「支援」と「指導」でした。 私の関わる教育業界や、福祉や介護などの現場でもよく出てくる言葉ではなかいと思います。 なんだか似たようなニュアンスがありそうで、違いがうまく説明できない自分がいました。 まずは、辞書でコトバの意味を調べてみました。...
15日 2月 2018
「今はウツになって良かったな…って思える自分がいます」 (他の参加者の心の声:へー、そうなんだ…、すげー、etc) 「ウツになったことで、人の気持ちを汲んであげようと思うようになったんです」 (他の参加者の心の声:へー、そうなんだ…、すげー、私は起こったことに対してまだ良かったと思えないなぁ…、そんな境地にいつかなれるのかなぁ…)...
01日 2月 2018
今日のまちの保健室は東海大学文学部広報メディア学科の取材が入りました。 会場の後方に席を作って、まちの保健室がどのように行われているのかを見て頂きました。 どの様な番組になるのか、楽しみですね。 まちの保健室の終了後、取材に来てくれた学生さんたちに感想を聞いてみました。 イメージしていた雰囲気とは違って、みなさんの笑顔が印象的でした。...

さらに表示する